プロのライターが選ぶ、テープ起こし必須ツール。

20201218dsc08061_r

わたしはそこそこ経験豊富なベテランライターですが……

amazon森田慶子ページ

昔は、取材の際の録音は「念のため……」で、実際には録音を聞いたことはありませんでした。メモも、数字と固有名詞の確認ていどしか見ていませんでした。
取材前の準備と、取材時に聞きながらポイントをとらえるだけで、十二分に書けたからです。

しかし、医師向けの医療記事や、最新ITサービスに関する記事など、高度に専門的な記事を書くようになってからは、正確を期するため、取材時の録音をテープ起こしをするようになりました。

専門性が高い仕事ですから、フィーも高く、予算的にはテープ起こしの外注が可能です。しかし、社外秘の話を聞くなど、秘密保持が必要なケースが多いことに加えて、時間がないことなどから、外注できず、自分でテープ起こししています。

テープ起こしは本来業務ではなく、執筆そのものに時間をかけたいので、いかに手間と時間を省くか、工夫を重ねてきました。

無料のテープ起こしツールもいろいろ使いましたが、2020年12月4日に発売されたばかりの、自動テキスト化ボイスレコーダー「AutoMemo(オートメモ)」を試してみて、「今後はこれだな」と思いました。

ボイスレコーダー本体は18,000円(税抜)。1時間/月までのテキスト化サービス付き。
税込で約2万円ですが、1980ポイント還元があります。
それでワイド延長保証サービスで3年保証(税抜1980円)をつけるのがおすすめ。

買うなら今!

プレミアムプラン(月額980円)なら、データのテキスト化が30時間/月。
今なら発売記念キャンペーンとして、プレミアムプランが初めての申し込みから6ヶ月間無料。
■申し込み期間:2020年12月4日~2021年3月31日まで
本体購入後、連動させたアプリで、申込期間内に、プレミアムプランにプラン変更すると、キャンペーンが適用されます。

でも……「AutoMemo(オートメモ)は高い! 無料のツールはないの?」
という方に向けて、プロのライターがテープ起こしする場合に、これまで使っていたツールとやり方をまず説明します。
最後に、ツールを使ったテープ起こしの手間と比べられるよう、AutoMemoでのテープ起こしを紹介します。

 

20201218dsc07939_r

» 続きを読む

«耳が遠くなったのに、補聴器を嫌がる家族に……これで解決!?

便利ツール

  • Microsoft Store (マイクロソフトストア)
  • 富士通 FMV ESPRIMO DH

カテゴリー

広告

マイチャンネル

広告GoogleAdsens