« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

その買物、本当に必要? もし買い過ぎたと反省していたら…

No_kaishime

被災しなかった東京も、計画停電などで少しずつ不便が出てきたせいか、不安をあおるテレビのせいか、不要な買い占めが起きているようです。我が家もそろそろトイレットペーパーがなくなるので買いに行ったらありませんでした。
ま、新聞紙ちぎっても使えるから、いいや。

東京で買えないからと四国や関西で買って送ってもらうひとまでいて、さらに物流まで混乱させているみたい。

その買い物、本当に必要ですか?

このポスター(by @stam_mats2)を見て
「あ、当分要らないくらい買い過ぎた」
と反省したら、

その買物を被災地に送りませんか?

おっと! 個人がいきなり送りつけたら迷惑ですよぉ。
東京リサイクル運動市民の会 がまとめて、適切なところに送ってくれます。

求められている物資は必ず新品、未開封(懐中電灯を除く)の
1)医療関係品:包帯、バンドエイド、消毒液
2)日用品:懐中電灯、使い捨てカイロ、歯ブラシ、おむつ、生理用品、石鹸、シャンプー(水不要なタイプのもの)、下着、ポリタンク
3)食糧:カップ麺、米(無洗米が望ましい)、お菓子、水(ペットボトル)

基本的には直接持ち込みしましょう。
明日3月18日までMOTTAINAI STATION&SHOP (竹橋駅徒歩10分)
明日3月18日1日10:00~15:00のみ 秋葉原UDX(秋葉原駅すぐ)

詳細は
東日本大地震 災害支援物資ご協力のお願い

一方、経済停止も日本全体への打撃、日本への打撃は被災地支援への打撃。
どうせ買うなら寄付にもなる買い物したい方はこちら。
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト
※アフィリエイトサービスプロバイダによるサービスですが、直接リンクであり、アフィリエイトリンクではなく、当ブログへの報酬などは発生せず、売り上げの一部が企業より寄付され、通常時は発生するアフィリエイターやリンクシェアへのアフィリエイト報酬も寄付されます。

MTカスタマイズのステップアップはこの本から

先日、藤本壱さんの「Movable Type 5 Webサイト制作ガイド Volume 1」を購入して、必要なところだけの斜め読みで、おおよそ読み終えたところです。

ローカル環境にMTをインストール、手元のパソコンで試せる環境を作る手順が非常に細かく便利でした。

テンプレートのカスタマイズに関しては、サンプルファイルをダウンロードして、それをテーマなどに設定する手順から書かれていて、そのサンプルファイルを見ながら、カスタマイズが学べるのが何よりありがたかったですね。

いま、wackyさんWebAPI勉強会で学んでいても、どうもわたしは実際にできあがったものから逆算して覚えるほうが身に着くようです。理屈から説明されても、目的地が見えないで手探りで進んでいる感覚で、挫折します。

現実にできあがったファイルをいじって、こう変わる、ああなる…というのがわかりやすい!

というわけで今度は「Movable Type 5 Webサイト制作ガイド Volume 2」を購入。
この本で、わたしが最も読みたい部分は

「テンプレートモジュール/ウィジェットに関するその他の情報」の中の
■効率と読みやすさのトレードオフ
■組み込み先のテンプレートに合わせて処理を変える

テンプレートモジュールを使い始めて、わかってみると、これは非常に便利だと思うのですが、わたしの場合、通常のHTMLファイルで書いてから、部分的にMTタグに書き換え、さらに一部をテンプレートモジュールとして切り離していますが、どこからどこまでをモジュールとしてまとめるのが便利なのか、後々の想像をしながら考えてみるものの、なかなか判断が難しい。
このあたりをMTのベテランはどう考えているのか、知りたい!

さらに「共通部分」にとらわれていたけれど、組み込み先に合わせて処理を変えられるなら、かなり汎用性のあるモジュールもできそう!

この後に、テンプレートに使う条件判断の書き方やタグの解説もたっぷりあるので、これを読んで、記事アーカイブやカテゴリ一覧アーカイブも何種類かデザインを変えたい!

Banner_120_60_black_2

独自ドメインの利用方法

独自ドメインを持つといいと言われますが、実際、それはどう利用すればいいのか、利用の方法がわからないと宝の持ち腐れ。
というわけで、独自ドメイン取得から利用までの流れをメモ!

1)独自ドメイン取得

ドメイン取得、管理会社で、ドメインを取得します。

しばしばドメイン取得とレンタルサーバ、あるいはドメイン取得とインターネット接続プロバイダをひとつのものと考えがちです。
勘違いの原因はレンタルサーバ会社がドメイン取得・管理をセットで販売していたり、プロバイダがドメイン取得・管理をサーバのレンタルサービスやプロバイダサービスと一体でしか売っていなかったりするためで、実は別々のサービスであり、ドメイン取得は、サーバを借りている会社と別の会社で、単独で行えます。

確かにレンタルサーバのドメイン設定のヘルプなども、自社でドメインを取得した場合を前提に書いていることが多いため、別の会社にすると多少手間がかかりますが、最初の設定、1回だけのことです。
レンタルサーバとは別の会社でドメイン取得したほうがしばしば安上がりで済みます。
わたしが利用しているのは⇒バリュードメイン と お名前.com

独自ドメイン取得:お名前.com編

 2)DNSサーバに、利用ネームサーバを設定

ブラウザにURLを入力すると、そのページが開きますが、実はその際、「ドメインネームサーバ(DNSサーバ)」というコンピュータのシステムが、そのURLを受け取って、ネットのシステムが理解できる「IPアドレス」と呼ばれる4つの数字の列に翻訳(変換)する作業が不可欠です。その作業が行われないと、インターネット網は入力されたURLのページを見つけられません。

独自ドメインを取得したら、そのドメインはどのDNSサーバで使うか決めて、ドメイン管理サービス側で、利用するDNSサーバを指定してやる必要があります。

通常はレンタルサーバが提供するDNSサーバ機能を利用しますが、ドメイン取得・管理サービス会社が高機能なDNSサーバ機能を提供している場合もあります。

ひとつのドメインをひとつのレンタルサーバだけで使う場合は、レンタルサーバのDNSサーバを使えばいいのですが、ひとつのドメインを複数のレンタルサーバやココログのようなブログサービスで使いたい場合は、ドメイン取得・管理サービス会社のDNSサーバ機能の「ドメインマッピング」機能を使います。
最近でこそ、「ドメインマッピング」機能を提供するドメイン取得・管理サービス会社は増えましたが、数年前までは、、「ドメインマッピング」機能を提供しているドメイン取得・管理サービス会社はバリュードメインだけでした。ここでたとえば、かつての「さくらサーバ 」の場合、他社で取得したドメインの設定は (非推奨)と書いてあるのでびびりがちでしたが、現在は「非推奨」の文字もなくなり、他社で取得・管理中のドメインを使うのも、ふつうになってきたことがわかります。

3)DNSサーバにWebサーバを設定

「そのドメインの呼び出しを受けた場合は、このWebサーバに送り込んでね!」と、WebサーバのIPアドレスを、DNSサーバに教えてやる必要があります。

レンタルサーバ(Webサーバ)とDNSサーバが同じだと、この設定は簡単です。

4)レンタルサーバ側にドメイン設定

最後に、レンタルサーバ側に「レンタルサーバで提供されているスペース(Webサーバ)で、このドメインを使うよ」と設定しておく必要があります。

ただし、前の設定から2~4時間待つ必要があります。

ここでたとえば、かつての「さくらサーバ 」の場合、他社で取得したドメインの設定は (非推奨)と書いてあるのでびびりがちでしたが、現在は「非推奨」の文字もなくなり、他社で取得・管理中のドメインを使うのも、ふつうになってきたことがわかります。

本日覚えたこと、FirebugはWebデザインに超便利!

20110304dsc03245

昨日はwackyさんWebAPI勉強会のセミナーのひとつ「はじめてのHTML+CSSデザインレイアウト」セミナーだったのですが、そこで教えていただいたツールがFireFoxのアドオン「Firebug」。
FireFoxで開いて見ているサイトのHTMLファイルとスタイルシートを開いて、編集などができます。

Firebugのメリット1:気になるサイトのソースをチェック!

Firebug01_3

ふつうにブラウザで、「ソースを表示」してサイトのソースを見ることはできますが、どの部分の表示がどういうソースなのかを解析するのは大変です。

Firebugでは、HTMLのある行を選択すると、それがサイトの画面のどこに対する指示なのかわかります。

たとえばヤフーのバナーとその両脇のアイコンが、実はバナーを表示したうえで、アイコンをリスト表示しているということがソースから読み取れます。

ソースはHTMLだけでなく、スタイルシートも見られます。

続きを読む "本日覚えたこと、FirebugはWebデザインに超便利!" »

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

便利ツール

  • キャリアアップ.biz >ブロガーズブログ

カテゴリー

広告

  • ソフマップ・ドットコム

マイチャンネル