« OSの発売日を気にせず買える、OS7バージョン買えば+1200円でOS8 | トップページ | 楽天会員最上位ランクを維持したくて…来月はダイヤモンド会員 »

Googleウェブマスターツールをアナリティクスと関連付けて設定する方法

Googleアカウントを既に取得、Googleアナリティクスのトラッキングコードを設置してあるサイトを、Googleウェブマスターツールに追加して、そのサイトに関してGoogleアナリティクスとGoogleウェブマスターツールを連動して利用できるように設定する方法です。

Googleアカウントの取得方法や、Googleアナリティクスの設定は以下を参照してください。Googleのアクセス解析「Google Analytics」の使い方:Googleアカウントを作成
アクセス解析「Google Analytics」の使い方:申し込みと最初の設定

Googleウェブマスターツールの設定

Googleウェブマスターツールでできることはいろいろありますが、要するに自分が管理するサイトに関して、Googleとやりとりができるようになることがメリットです。
たとえばGoogleがサイトに問題があり、検索結果から外す場合など、マスターツールを通じて、その問題点を知らせてくれます。
またサイトマップを登録することで、Googleにきちんとインデックスしてもらえるようになります。

画面入りの詳細な手順説明は続きで…

1)Googleウェブマスターツールにアクセスします。
上記リンクをクリックして、ログインして、自分のGoogleウェブマスターツールにアクセスします。

001_2


2)「サイトを追加」ボタンをクリック。

002_4




3)追加したいサイトのURLを入力して「続行」をクリック。
  トップURL、たとえば「http://shuccho.biz」や、サブディレクトリ、たとえば「http: //shuccho.biz/stationhotel/」、サブドメイン、たとえば「garden.tsuu.info」など、いずれの形のURLでも かまいません。

ただし、Google Analyticsは独自ドメインを使っているか、またはプロバイダのホームページや無料ブログなどでもURLが 「http://dokuji.cocolog-nifty.com」のようにサブドメイン型の場合は利用できますが、http://cocolog-nifty.com/dokuji」のように配下のフォルダのURLになっている場 合には、Google Analyticsを利用できません。

003_3



4)所有権の確認に関して「別の方法」タブをクリックして開きます。
Googleは指定するサイトの所有権があるかどうか確認を行います。GoogleAnalyticsを利用していれば、そのサイトにアナリティクスのトラッキングコードを挿入するなどしているので、サイトをいじれる立場にあることがGoogleにわかります。

004_2


5)Googleアナリティクスにチェックをつけてから「確認」をクリック。

005_2



 

6)確認メッセージを確認したら「続行」をクリック。
無事にGoogleAnalyticsでサイトの所有権が確認できると、「確認されました」メッセージが表示されます。

006_2


7)Googleウェブマスターツールで状態を確認。
設定直後はまだデータがないので、「データがありません」と表示されます。1日くらい立ってから見れば、データが表示されます。
なお、この画面のケースではサイトマップがないので、「サイトマップがありません」と表示されています。

007_2



« OSの発売日を気にせず買える、OS7バージョン買えば+1200円でOS8 | トップページ | 楽天会員最上位ランクを維持したくて…来月はダイヤモンド会員 »

611000 Google Analytics」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« OSの発売日を気にせず買える、OS7バージョン買えば+1200円でOS8 | トップページ | 楽天会員最上位ランクを維持したくて…来月はダイヤモンド会員 »

便利ツール

  • キャリアアップ.biz >ブロガーズブログ

  • 富士通 FMV ESPRIMO DH

カテゴリー

広告

マイチャンネル