« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

パソコン修理費を知ったらわかる、富士通WEB MARTのお得

20161111dsc08719_r

5年は使いたいのに……その間に高額な修理費がかかるワナ

パソコンの修理費がいくらかかるか、知っていますか?

わたしは昨年ノートパソコンを新幹線で膝の上に落とした後、壊れて、修理見積もりしたら、修理費12万円。わたしはけちって保障をつけておかなかったばかりに、修理費が新品の購入額とほとんど変わらず、結局、きらめて、新しいパソコンを買いました。

以来、パソコンの修理費と保証サービスに目を向けるようになりました。

富士通の場合は概算修理料金表として公表されています。

パソコンはOSの保障期間や、ソフトのバージョンアップによる必要スペックの変化などから、だいたい買い替えが5年周期。しかし、5年もつかどうかは…微妙。

ハードディスクは使用頻度で異なるものの、多くは3年から5年くらいで壊れます。
富士通のハードディスクの修理費は49,680円~55,200円です。

富士通のパソコンの中でも人気が高い「LIFEBOOK」(上の写真)など、ノートパソコンにつきものの液晶モニターの故障修理は10インチ未満で55,080円~61,200円。16インチ未満で61,560円~68,300円、16-19インチで73,440円~ 81,350円。
いいお値段しますよねえ。

これらの修理費や修理送料をしっかりカバーする保証が富士通WEB MARTには用意されています。

続きを読む "パソコン修理費を知ったらわかる、富士通WEB MARTのお得" »

名刺を出すときのモタモタ解消名刺入れ

20161010dsc04943_r

わたしは取材する仕事で、年に数百枚くらい名刺を差し出します。しかも、一度に数人との名刺交換が常。

この名刺を出すときにモタつくのは情けないものがあり、ささっと名刺を出すために、相手が5人なら5枚の名刺を準備して、渡したりするのですが、相手から受け取った名刺をしまい、次の名刺を……とやっていて、相手の名刺を落としてしまったり……。

この名刺交換をスムーズに……に重点を置いた名刺入れに出合いました。
それが「自由メイシイレ」です。

続きを読む "名刺を出すときのモタモタ解消名刺入れ" »

富士通のパソコンFMVがアウトレットからさらに1万円引き!?

20161111dsc08711

富士通のパソコンFMVがアウトレットで買えるって知っていました?

パソコンのメーカー直販サイトで安く買えるパソコンは3通り。

ひとつは故障品をメーカーが修理して保証付きで売るスタイル。

ふたつめは箱に傷がついただけで中身は未開封で問題ない新品。

以上2つは、富士通のアウトレットでは、「わけあり品」として売られています。

3つめは未使用で未開封の旧機種です。
わたしが先日NECのメーカー直販で安く手に入れたのと同様です。

富士通のアウトレットにもこれがいろいろあります。
いま眺めたところ、旧機種といっても、今年発売されたばかりの、ネットとOfficeを使うだけのユーザーなら、当分先まで使える、十二分なスペックのマシンばかりです。

しかもメーカー直販だから、メモリを増やしたり、逆にOfficeソフトを抜きで安くしたり、落下や水こぼしなど不注意による故障まで保証してもらえるワイド保証を追加したり……いろいろカスタマイズ可能です。

カスタマイズ次第では、かなりハイスペックにもできます。

しかも、いまなら1万円引きクーポンを発行中。
クーポンはリンク先あります。12月14日(水)14:00までだし、人気マシンは売り切れが速いので、お急ぎあれ!

【富士通Web Mart】アウトレットコーナー icon

富士通 WEB MART アウトレット

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

コワーキングでメインマシン的に使うなら、HP Elite x2 1012 G1より、Microsoft Surface Pro4

20161111dsc08778_r

薄いキーボードをつければノートパソコンとして使える、高い性能のタブレットとして、いま、なにかと並び比べられているのが、▲MicrosoftのSurface Pro4と、▼日本HPのElite x2 1012 G1。

使い方によって、どちらをえらぶべきかは変わります。
もし、あなたがコワーキングオフィスで作業する際に使うなら、MicrosoftのSurface Pro4。

【Microsoft】Surface Pro4 icon

20161111dsc08677_r

続きを読む "コワーキングでメインマシン的に使うなら、HP Elite x2 1012 G1より、Microsoft Surface Pro4" »

タブレットとして使いたいならSurfaceより、HP Elite x2 1012 G1

20161111dsc08674_r_2

薄いキーボード付きタブレットとして、いま、なにかと並び比べられているのが、▼MicrosoftのSurfaceと、▲日本HPのElite x2 1012 G1。

どちらをえらべばいいのか迷う人が多そう。
結論から言えば、タブレットとして使いたいなら、日本HPのElite x2 1012 G1。

タブレットとして使うには、LTE、つまりSIMカードを差し込んで、単体で通信ができなければ不便です。

Surfaceは古い下位機種、Suraface Pro3にはLTE仕様がありますが、新しい……といっても、発売は2016年1月で、既に発売から一年近くたっているSurface Pro4にはLTE仕様がありません。
Pro3はCPUがインテル Atom x7と古い世代のCPUで、これから使っていくにはちょっと力不足です。

日本HPのElite x2 1012 G1には、Core M3やM7と新しいCPUが搭載されたLTEモデルがあります。
docomoモデルは、docomo およびdocomoのネットワークを使うMVNO事業者のSIMカードを挿入すれば、auモデルは、auおよびauのネットワークを使うMVNO事業者のSIMカードを挿入すれば、通信できます。BIGLOBEやUQモバイル、FREETEL、mineoなど主だった格安SIMに対応しています。

我が家は現在格安SIMのmineoのDOCOMOネットワークを利用しているのですが、たとえばmineoのデータ通信のみ500MBタイプのsimを1枚追加して、このタブレットに入れても、月700円しかかかりません。
これまでのように、Wifi電波を探さなくてもタブレットが単体で使えるようになります。

↓飛び先で「LTEモデル一覧」タブをクリックすれば、LTEモデルが選べます。

【日本HP】HP Elite x2 1012 G1 icon

20161111dsc08807_r

続きを読む "タブレットとして使いたいならSurfaceより、HP Elite x2 1012 G1" »

LAVIE HZ(D)を、NECダイレクトなら家電量販店より数万円も安く買えました

20161123dsc09157_r

夏から、持ち歩き用のノートパソコン購入に迷っていましたが、購入しました。▲▲▲LAVIE HZ(D)
届いたばかりに
↓の記事に書いたように、レッツノートのレッツノートRZ5と、NEC LAVIE HZ(D)のどちらにするかで悩んでいましたが。

「軽さは正義」の出張用ノートパソコン選び

実を言うと、11月に行われたレッツノートのイベントなどにも行って見て触って、ほぼレッツノートに傾いていました。
NEC LAVIE HZ(D)11.6型は家電量販店で購入するとCPUのレベルが一番上でもCore m3と低くて、わたしが求めるスペックには足りません。

NECダイレクトで買えばCore m5でわたしの要求を満たします。しかし、店頭モデルには着いているOfficeソフトがNECダイレクトではオプションのため、それを加えると、価格がぐっと上がり、20万円超えで、家電量販店で購入するレッツノートとの価格差は1万円ていど。

「1万円の差ならレッツノート」と思っていたのですが……

NEC LAVIE HZ(D)の秋冬モデルの最終確認をしているときに、春モデルが旧モデルとして価格が下がっていることに気づきました。

そして春モデルと秋冬モデルを比べてみると、スペックの差がほぼありませんでした。内臓ディスプレイの解像度に、ほぼ使わない解像度があるていど。

それなのにキャンペーンクーポンなどを使えば、価格差は数万円。
わたしはOfficeはビジネスプレミアムをつけ、あんしん保証サービスパックを3年つけて、購入価格は税込みで167,076円。
しかもキャンペーンで32MBのUSBメモリがおまけについてきました。

あんしん保証サービスは、限度額はありますが、メーカー保証では対象とならない天災や取扱い不注意による破損・損傷にも対応してくれます。

前回のわたしのように、出張先でパソコンを落として壊れた場合にも保障されます。

NECダイレクトなら、店頭モデルよりもハイスペックなパソコンを、しかもスペックにはほぼ差がない旧モデルを、大幅割引で購入できます。

新型モデル発売時は、スペックを見比べつつ、NECダイレクトの旧モデル売り場をお探しあれ!
掘り出し物がありますよ!

【NECダイレクト】旧モデルお買い得セール icon

さらにお得なコーナーも

【NECダイレクト】アウトレットコーナー icon

秋冬モデル

▼ ▼ ▼
20161111dsc08895_r

続きを読む "LAVIE HZ(D)を、NECダイレクトなら家電量販店より数万円も安く買えました" »

著作権侵害、そしてライターの仕事の真実

徳力さんの書いた記事に対する、とんでもないツッコミを読み、素人ライター跋扈の時代の、著作権に関する間違った認識の根深さに愕然としました。

■表現書き換えは著作権侵害

その突っ込みは、徳力さんが書いた記事の以下の部分にツッコミを入れていました。

……………………………………

しかも、わざわざご丁寧にマニュアルで、参考サイトを明示した上で、文章をコピペでは無く「リライト」することでコピペであることを分からなくするノウハウを教えてるわけですよね。

「参考サイトの文章を、事実や必要な情報を残して独自表現で書き換えるコツ」や「参考サイトに類似しない本文作成のコツ」とか、参考サイトを元にコピペをしたとばれない記事の書き方を、ライターとしての小遣い稼ぎをしたい人たちに教え込んでるわけですよね?

これ今のDeNAの方々がどう思っているか知りませんが、どうみてもこれ明らかに悪質な組織犯罪に見えますよ。

…………………………………………

引用元:Yahoo!ニュース

http://bylines.news.yahoo.co.jp/tokurikimotohiko/20161203-00065085/

その突っ込みは、表現を書き換えれば新たな著作物になることを、徳力さんはわかっていないと批判していました。

とんでもない勘違いをしています。表現だけが著作物ではありません。話の展開の仕方、ひとつの事実に対する考察も著作物です。

そもそも表現だけ書き換える行為は、著作権法における「同一性保持権」を侵しています。単なるコピペ「無断転載」以上に、著作権侵害行為です。

■引用と著作権侵害のちがい

その突っ込みは、表現を書き換えれば新たな著作物になることが認められなければ、文献に対する批評が成り立たないとも語っていました。

引用と著作権侵害の区別ができていません。

引用の要件を満たせば、著者に許可を得ずに引用することはできます。しかし、パクリは、引用の重要な要件である

●引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であること、

●報道、批評、研究などのための「正当な範囲内」であること

を満たしていません。

引用に関しては
文化庁「著作権なるほど質問箱」用語説明「引用」

続きを読む "著作権侵害、そしてライターの仕事の真実" »

30分の充電で約7時間駆動!? Dynabook Vシリーズの衝撃

20161201dsc09641_r

本日2016年12月1日の東芝dynabook 新製品発表会 での、12.5型液晶搭載2in1コンバーチブルPC「dynabook V」シリーズの発表で、一番衝撃的だったのは
「30分の充電で約7時間駆動」。

出張先で、クライアントの担当者さんは、いつも電源を求めてさまよっていました。昼食を取る店も、電源が取れるかどうか、テーブルにパソコンを広げられるかどうかで決め、帰りも、電源が取れる店を見つけた瞬間、「じゃ、ここで」と別れていました。

わたし自身、仕事がピークの時は、乗る新幹線を電源のある窓側が取れるかどうかで決めていました。帰宅時刻を遅らせても、電源を確保していました。

ですから、電源のあるカフェに30分寄り道すれば、新幹線の窓側席が取れなくても、電源が持つというのは画期的です。
そしてフル充電すれば、バッテリー駆動は約17時間。

しかもCPUはインテル第7世代、つまり最新のCPU。

それでいながら、厚みはわずか15.4mm。幅は約299.0mmと30cmを切り、奥行は219.0mm。

重さは約1099gとほぼ1kgにまで抑えています。

電源求めてさまよう出張パースンにとって、このパソコンは最強です。

20161201dsc09673_r_2

続きを読む "30分の充電で約7時間駆動!? Dynabook Vシリーズの衝撃" »

« 2016年10月 | トップページ | 2017年1月 »

便利ツール

  • キャリアアップ.biz >ブロガーズブログ

カテゴリー

広告

  • ソフマップ・ドットコム

マイチャンネル